Webike みんなのライディングスクール
WebikeStaff 2009年9月2日

8/30に第2回目「みんなのスクール」を開催いたしました。

今回は、ツーリング形式でのスクールなので、参加者の皆さまには箱根の大観山のTOYO TIRES ビューラウンジ内「Webike CAFE」に集合して頂き、周辺のワイディングロードにてトレーニングを行いました。

まずはモーニングコーヒー片手に、トレーニング内容についての座学から始めます。
今回のテーマは、ずばり「ワイディングを楽しむための5つのキモ」。

サーキットなどのクローズドコースではない、現実の「公道」では、何よりも走りに安全マージンを十分に取れることが大切です。テクニックにもマインドにも余裕があればこそ、楽しみながらなおかつスポーティーにバイクを走らせることができます。

対向車がセンターラインをはみだしてくる可能性もある公道で、最も大切なライン取り、バイクの曲がる性能を引き出すライディングフォームについて・・・
ケニー佐川校長が、ホワイトボードを使って、「目線」「ライン取り」「ライディングフォーム」「ブレーキング」「スロットルワーク」という、「ワイディングを楽しむための5つのキモ」についてのノウハウと考え方について講義。
ここで学んだ内容を、これから実際にワインディングロードを走りながら、一つ一つ順番に実践していきます。
参加者の方からは早くも質問が続出!ライディング技術の向上心が旺盛な参加者の熱意に負けず、ケニー佐川校長先生の説明にも熱が入ります。

軽いストレッチも済ませたところで、外に出てみると箱根大観山名物(?)の霧に包まれ、辺り一面真っ白・・・。
ペダルやレバーの安全点検を行い、駐車場からスタートするころには後方のバイクが霞んで見えます。
しかし、峠を上り下りしながら走り進むと、徐々に青空が見えてきました。
そして、次のポイントに停まった時には、澄んだ空に緑の山が映える「これぞ箱根のワインディングロード!!」という光景が広がっていました。

今回のスクールは、ツーリング形式をとっているので、ポイントからポイントへ移動をしながらトレーニングを重ねていきます。
朝の座学を踏まえ、休憩ポイントでこれから取り組む課題についておさらいをし、ワイディングロードを実際に走りながら、課題の実践を行う。次の休憩ポイントでは、受講者の走りをチェックした講師がアドバイス。そして、次の課題について説明をし、またワインディングロードを走る。
これが基本のスタイルです。

ツーリングセッションは、公道でのトレーニングということで、佐川校長先生に加え、立石講師も特別参加しており、スタッフを含めると参加者2~3人につき1人にサポートがつくという万全の体制で臨みました。
参加者の中には、バイクが納車されてまだ間もない方、峠道の走行経験がほとんどない方、免許をとったばかりでライディング経験がまだ浅い方もいらっしゃいましたが、今回も一人も脱落する方なくレッスンを進めることができました。
突然のアクシデントに備え、トランポとサポートカーも準備したのですが、出動することがなくて良かったです。

閑話休題。いくつか課題をこなしたところで、皆さまお待ちかねのランチタイム!
集合が早朝だったこともあり、すっかりお腹ペコペコです。
芦ノ湖の周囲にあるホテルで、小鍋付きの豪華ランチ、さらにご飯はおかわり自由!
実は、運営スタッフの中に食いしん坊がおりまして、毎回、食べ物に関してこだわりがすごいんです(笑)。
今回も、そのスタッフが厳選チョイスの昼食で、ほんとに美味しかったです。
もちろん、ランチ代は講習料金に含まれていますよ。

さて、午後のレッスンはライディングフォームのレクチャーからスタートです。
自分ではできているつもりでも、案外できていない正しいフォーム、その確認法などのノウハウを学びます。

そしてまた、ワイディングロードを走りながらのトレーニングを繰り返します。
少し走っては、講師からアドバイスをすぐに受けられ、課題がうまく実践出来るようになった頃に、次のテクニックのノウハウをレクチャー。疑問があったらその度ごとにすぐ解決、時には先生がお手本を示し、実際にどうすると良く、どうすると悪いのかを目で見て確認・・・こうやって皆さんどんどんステップアップしていきます。

山の天気は移ろいやすく、午後からも晴れ間が見えたかと思ったら、時には霧雨が降ったり、目まぐるしくコンディションが変化します。
でもそれもネガティブにとらえず、いろんな路面状況でのレッスンを重ねていると思えば、実践に役立つ技術が身に付きますよね。
実際、夕方には、参加者全員が「楽しく安全に走る」テクニックをすっかり身につけられたようで、実にスムーズにワインディングロードを走りぬけていきます。
「ワイディングを楽しむための5つのキモ」を習得することで、こわごわ走っていたコーナーも、安全マージンを保ちつつ、スポーティーに駆け抜けられるようになるんです。

美しい景色のワインディングロードを気持ちよく走り、少しバイクを停めては「キレイな景色だね」とお互いに声を掛け合い、楽しさを共有する。
休憩中は、ほとんどが初対面の参加者同士ながらも、バイク談義がつきることはありません。
これこそ、バイクツーリングの醍醐味ですよね。

スクールの終わりでは、参加者の皆さんが本当に充実した顔をしていらっしゃいました。
安全で楽しいバイクライフを送ることは、人生をもっと豊かにすること、と我々スタッフは信じています。

「Webikeみんなのスクール」に参加された、そしてこれから参加される方の人生が、より豊かなものなるよう、我々スタッフ一同願ってやみません。

次回のスクールの詳細が決まり次第、お知らせいたしますので、今回機会を逃してしまった方も、これまでのリピーターの方も、ぜひ楽しみにお待ち下さいね!

Categories: 開催レポート