Webike みんなのライディングスクール
webikestaff 2011年5月18日

去る5月14日(土)、箱根でWebiek「みんなのスクール」“ワインディングを楽しむための5つのキモ/基本編”が開催されました。
雨が連日続いていましたが、当日の天気は集合場所の大観山から富士山が眺望できる晴天!まさにライディング日和です。
大観山に向かう途中、多くのバイクを見かけましたが、皆さん気持ち良さそうに走っていらっしゃいました。

20110514_092137_000 20110514_102302_001
講義は、佐川先生とナビゲーターの峯岸先生によるレクチャーからスタートします。
一日の流れとともに、ワインディングを楽しむための5つのポイントについて説明を受けます。

ワインディングを楽しむための基本テクニックとして、ハングオフではなく、リーンウィズで安全に走るためのイロハを伝授してもらいます。

課題は、「遠近法」「1/3」「R&B」「長め」「アソビ」。これら5つの課題はセクションに分け、1つ1つ習得していきます。
人体の構造や、車両特性などを交えたレクチャーに、受講生の皆さまも目からウロコのご様子でした。

皆さまは、各々積極的にスクールを受けている方やサーキット走行を楽しんでいる方など様々で、我流の走り方もありますが、今回は佐川先生の教えを基本として、忠実に実践できるようトレーニングを行います。

レクチャーが終わった後、外でバイクにまたがり、加減速時の乗車姿勢などのアドバイスを受け、最初の課題「遠近法」を練習しながら移動を開始します。走行中も佐川先生が一人一人チェックして行き、ハンドシグナルによるアドバイスが入ります。

20110514_105430_002 20110514_105535_003
しばらく走り一同、今回の練習場所である箱根のワインディングロードに到着したら、道沿いの駐車場で先ほどの「遠近法」について振り返ります。

反省点とアドバイスが出たところで、次の課題「1/3」についてのレクチャーに入ります。
サーキットと異なる走りが求められる公道を、安全に走るためのアドバイスです。レクチャーが終わったら、先ほどの「遠近法」と合わせて実践です。

20110514_105822_004 20110514_110157_005
次の駐車場に到着したら、再び佐川先生によるアドバイスです。さっきよりも課題が増えたことにより、いつもの自分の走りと違った走りを求められるようになるため、みなさん少しギクシャクしてしまうようです。
しかし、何度か繰り返すうちに体が覚えてきてスムーズになってきました!

サスペンションを購入当時から一度も変更していないという受講生さん・・・そんな様子を見た佐川先生が「調整したら走りやすくなる」ということでその場で調整が行われました。その後、「走りやすくなった」という嬉しい声が聞け何よりです!

20110514_120456_006 20110514_135353_007
午前中から頭も使って走り続けたので、腹の虫が鳴きだした・・・と思ったところでランチタイムです!
練習場所から近くの箱根湖畔でちょっと優雅にお昼時を過ごします。余談ですが、豊富なメニューの中からカレーを選んだ私ですが、運ばれたきたメニューを見てびっくり!カレー率の高いこと!

ランチ中も様々なアドバイスが飛び交っているようで、全員ライダーなこともありバイクの話が絶えません。

お腹を満たしたところで気合を入れなおし、午後の部に突入です。
私のバイクはガソリンを、私の体はカレーを燃焼しながら、一同、練習ポイントに向かいます。

午後は、午前のポイントに加えて「R&B」「長め」「アソビ」の課題を習得できるように練習を行います。

課題内容を頭に入れてしっかり考えながら走らないと、つい普段の走り方が出てしまうので注意が必要ですが、みなさん終了間近ではポイントを押さえて走れているようでした!

私は、最後尾を走っているので、走行中の皆さんの後ろ姿が良く見えたのですが、カーブでシートに加重をする際の体の動きはライダーそのものです!
そんな私も、佐川先生のアドバイスと、頭の中にある格好いいライダーのイメージを融合させながら「それらしく」走っていたつもり・・・でしたが、どうだったでしょう。

トレーニングの最後に、上半身の力を抜いた走りが出来ているかをチェックするため、片手走行の練習を行い、全員がクリアできました!

レッスン終了後も「もっと上手に走りたい」という向上心の高い受講生さん達から、今回習得した5つのポイントについて、多くの質問が佐川先生に寄せられていました。

20110514_161324_009 20110514_152505_008
私の場合は、買い換えて間もないマイバイクで参加しましたが、排気量に伴い車体も大きくなったので、未だコーナーに対する不安感や、不慣れなマイバイクに対する不信感がありました。

しかし今回、一日みっちり積極的にコーナーを走り、課題をこなすことで、いつの間にかコーナーが楽しい瞬間になっていたことに驚きです。

バイクに乗っているほとんどの時間を公道で過ごす私にとって、ワインディングを楽しめるようになるということは、ツーリングそのものがもっと楽しめるようになったことになります。

「まだ自分のバイクに慣れていないからスクールなんて・・・」とお考えの方は、慣れていないからこそスクールに参加してもらいたく思います。きっと帰り道から今までよりもっと楽しくなるはずです!

またいつか、皆さまとスクールでお会いできることを心待ちにしております!

Categories: 開催レポート

Comments are closed.