Webike みんなのライディングスクール
webikestaff 2011年11月17日

今年2回目となる「Webikeみんなのスクール東海版」、今回も株式会社デイトナ様のテストコースを利用して、ヒザ擦り及びハングオフフォームの習得をテーマに開催されました。

普段は関東地方での開催がメインのWebikeみんなのスクールですが、年に数回の地方開催では、毎回遠方からのご参加下さる方もいらしゃって、スタッフとして本当に嬉しく思っています。今回も、東海地方の方を中心に、富山、兵庫、滋賀と各地からご参加頂きました。

 
当日は未明まで雨が降っていましたが、朝には素晴らしい秋晴れに恵まれ、11月とは思えない陽気。スポーツライディングの習得にピッタリの天候です。

今回のスクールでは、Webikeでも人気爆発のDVD「ケニー佐川のTHE METHOD VOL.1 いまこそヒザ擦りを楽しむ!」を、事前に受講生の皆さまに学習をして頂いた上でお集まり頂き、早速レッスンをスタートしました。

まずは、クローズドコースでの走行ルールの基本と、ヒザ擦り、ハングオフフォームについての講義からスタートです。今日1日レッスンする内容を、事前に理論で理解していただきます。

「サーキットでのスポーツ走行が初めて・・・」という受講生の方が多い中、普段感じている疑問について次々と質問が飛びますが、その一つ一つに丁寧に、ケニー佐川校長が回答していきます。せっかく遠方からもいらして下さっているので、受講生の皆さんからの質問は大歓迎です!

 
教室での講義を終え、次は自分のバイクに跨ってのフォームチェック。ハングオフフォームの習得が目的ですので、フォームチェックは丁寧に行います。予想以上に大胆かつ辛いポジションをとることに、受講生からは溜め息が漏れるとともに、驚きの声が上がります。

 
そしていよいよデイトナテストコースでのレッスン開始なのですが、本格的な走行の前に、ステップワーク、クラッチワークと普段はあまり意識していない部分のレッスンを行います。いずれもライディングには重要な要素なのですが、普段はあまり意識していませんよね?改めてそのテーマだけに集中すると、却ってミスをしてしまったりと受講生の皆さまも頭をひねりながらレッスンをされていました。

 
午前中だけでもかなり密度の濃いトレーニングを行って、お昼の休憩時間となりました。お昼休みには株式会社デイトナの松岡様より、GIVI の新製品についてご紹介をしていただきました。ハードケースのTOPブランドのGIVIですが、用途に応じて様々な大きさが用意されており、今回も新しいサイズがリリースされたばかりでした。

午後は2つの班にわかれ、ミニバイクを利用してのヒザ擦り体験と、ご自身のバイクでテストコースを走行する組に分かれてのレッスンを行います。

 
毎回、Webikeみんなのスクールにご参加されている方を見ていると、本当に不思議なのですが、基本のフォームを習得し、ミニバイクでヒザを擦った後は、受講生の皆さんの走りが変わるのです。馴れないミニバイクでのレッスンでは、転倒する方も多いのですが(もちろん怪我の心配はほぼありません)、ハングオフフォームのコツがわかると面白いようにヒザを擦れます。

午前中の講義、ステップワークなどのレッスン、そしてミニバイクでのヒザ擦り体験と、全てがひとつひとつ重なっていき、気づかないうちに、ライディングテクニックが向上しているのです。これがWebikeみんなのスクールの特徴でもある「アドオンシステム」なのです。

 
レッスンの後半では、デイトナ様の「クールロボ イージートーク」を利用して、ケニー佐川校長から実際に走りながらアドバイスが受けられるレッスンも実施しました。ブレーキングポイント、倒し込みのポイント、クリップへのより方など、バイクを走らせながら的確なアドバイスが受けられるので大好評でした。

11月は陽が落ちるのが早いです。あっという間に終了時間となり解散となりましたが、その後も佐川校長にアドバイスを求められる受講生の方も多かったです。今回も皆さま充実した表情を浮かべられていたのが、本当に印象的でした。

 
次回のWebikeみんなのスクールはいよいよ2011年ラスト!12月17日に富士スピードウェイショートコースでの開催となります。サーキット走行に挑戦したい、基本を学びたいという方、初心者の方も大歓迎です!皆さまのご参加を心よりお待ちしております!

Categories: 開催レポート

Comments are closed.