Webike みんなのライディングスクール
webikestaff 2017年3月17日

 

4月9日に予定しておりました「【今こそ250ccバイクを華麗に乗りこなそう!ビギナー編】in 川崎大師交通安全祈祷殿」は、開催を取りやめる運びとなりましたので、ここにお知らせいたします。

ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 

2017年から、Webikeみんなのスクールの特別企画として、250ccクラス(120cc~300cc程度)の排気量モデルを対象としたスペシャルトレーニングを実施します。

最近は各メーカーから魅力的な250ccモデルが次々に登場しています。軽量・コンパクトで扱いやすいパワーと車格などは250ccクラスならではのメリットと言えるでしょう。

ただ、その手軽さ故に自己流で “なんとなく適当に乗っている” ライダーが目立つのも事実です。

末長く安全にバイクライフを楽しむためにも、正しいライディング理論に基づいた実践的なトレーニングによって安全マインドとスキルを高めることが必要と考えます。

是非この機会に250ccクラス向けに特化した特別カリキュラムにご参加いただけると幸いです。

★ Web!ke「みんなのスクール」4/9(日)開催 ★
【今こそ250ccバイクを華麗に乗りこなそう!ビギナー編】in 川崎大師交通安全祈祷殿

第一回目開催は、【今こそ250ccバイクを華麗に乗りこなそう!ビギナー編】として、川崎大師交通安全祈祷殿に併設されている駐車スペースを使用して行います。

「走る・曲がる・止まる」といったライディングの基本をしっかり学ぶためのカリキュラムです。

基本フォームに始まり、ブレーキングやUターン、スムーズに安心して曲がるためのコーナリングなどの基本スキルを、一日かけてトータル的に習得していきます。

免許免許取り立ての初心者から基本をおさらいしたいベテランの方にもおすすめのコースです。

 

 

imp-circle02 日時 : 2017年4月9日(日) 9時から16時頃まで

imp-circle02 場所 : 川崎大師交通安全祈祷殿 併設スペース
※詳細につきましては、お申し込み後、受講案内メールにてお伝えいたします。

imp-circle02 テーマ :【今こそ250ccバイクを華麗に乗りこなそう!ビギナー編】
「走る・曲がる・止まる」といったライディングの基本をしっかり学ぶためのカリキュラムです。基本フォームに始まり、ブレーキングやUターン、スムーズに安心して曲がるためのコーナリングなどの基本スキルを、一日かけてトータル的に習得していきます。

imp-circle02 内容 : 最近急激に250ccバイクのユーザーが広がっている事から250ccバイクに最適なビギナー向けトレーニングを安全に楽しくどなたにでも参加していただける内容にて開催いたします。 基本フォームからブレーキ、シフトワーク、そしてコーナーリングのアプローチまで幅広いカリキュラムを1日にぎゅっと詰め込んだ大変充実した内容になっております。

imp-circle02 コース : 首都高速「大師IC」に隣接している、最高の立地条件のコースです。会場は、「川崎大師交通安全祈祷殿」に併設されているスペースとなります。 最高品質のアスファルト路面の広大なスペースが確保されておりますので、快適かつ、公道での状況をより緻密にシミュレーションした上でのトレーニングが可能です。

imp-circle02 参加費 :9,800円

imp-circle02 参加資格 :250cc(±100cc)のバイクにてご参加いただける方

 

【 マフラーに関するレギュレーション 】
最近、各講習会場における「バイク騒音に対する近隣からのクレーム」が増えています。その結果、ある会場の利用が不可となってしまいました。今後、スクールの運営を円滑に行っていくため、「Webikeみんなのスクール」に参加される皆さまのマフラーに関しては、下記のようなレギュレーションを定めることにいたしました。

●基本的にノーマルマフラーが「参加必須条件」となります。
●現在「車検対応(JMCA認定等)リプレイスマフラー」を装着の方は移行措置として、必ずバッフルを装着ください。

★ノーマルあるいは、車検対応品かつバッフル装着されていても、車種により騒音クレームの対象になりそうな場合は、運営側の判断により回転数を落として走行して頂く、そして次回以降のその車両での御参加を不許可とさせて頂く、などの措置を実施させて頂きます。

最近はサーキットなどですら騒音については年々シビアになってきており、サーキット自体も運営の存続を危ぶまれている状況です。ご参加される皆さまにはご理解いただきますようお願い申し上げます。

 


 imp-circle01 これまでの開催レポートは こちらをご覧ください。
 

Categories: スケジュール

Comments are closed.