Webike みんなのライディングスクール

「 開催レポート 」の記事一覧

webikestaff

7月13日(土)、3連休初日に茨城県かすみがうら市にあるトミンモーターランドで「夏のヒザスリ祭り!(100%達成保証付!)」が開催されました。

Ape100からZX-14R(唯一の女性参加者!)、最新のパニガーレ、各社SS、ネイキッドなど幅広いバイクが集まりました。

今回のテーマはすばり「ヒザスリ」ということで、皆さん何がなんでもヒザスリをマスターしたいと意欲十分です。しかも100%達成保証付なので期待は高まりますよね。


トミンサーキットは全長550m、最長ストレート122mというミニサーキットで、コーナーは一番タイトな7Rのヘアピンを含めて4つあります。

すでに過去のスクールに参加したことがあるというリピーターの方も3分の1ほどいましたが、大半の受講者は今回が初めてのスクール。

ということで、まずはケニー佐川校長から、サーキット走行のルールとマナーといった基本事項からコースの特徴、ライン取り、コーナー毎のクリッピングポイントについて座学を受けます。

そしてヒザスリを実現するために重要な佐川メソッドである「5つの基本動作」が伝授されます。

すなわち、コーナーに入る前に、「加速」、「準備」、「ブレーキ」、「シフトダウン」、「ステップイン」を正しい順序、正しいフォームで完了していなくてはなりません。

後は実践あるのみ!


コースでの走行は13時から16時の3時間です。

まずはスタンドをかけた停止状態でハングオフの姿勢を練習します。

 

 


続いて恐るおそるサーキットに入る受講者の皆さんですが、5つの動作を耳で習ったからといってすぐにできる人は皆無です。

ハングオフの姿勢を取ることすらおっかなびっくりでしたが、段階的に課題を進めて行き、5つの基本動作を「自動化」してできるようになるまで練習を繰り返します。

 


しかも今回は右回りに周回するため、多くのライダーが苦手とする右コーナーが3つとなります。

コース上にはコーナー毎にブレーキポイント、ひざを擦る1次旋回のエリア、クリッピングポイントにパイロンが置かれ、初心者でもライン取りやタイミングのポイントを把握することができます。

また、体重移動に必要な「ステップ動作」についてもレクチャーを受けます。ステップを踏み変えて意識的に体重を移動させることでセルフステアを生み出すことを体験します。

こうした簡単な練習でもサーキットのようなクローズドな環境でないとなかなかできないですよね。


5つの基本動作を徐々に体で覚えた後は、Ape100を使ってのヒザスリに挑戦します。

直径5メートルほどの円をリーンしながら何度も回ります。

ここでのポイントはアクセルを開けること、大きく回ること、腰を大きくずらすことの3つです。

保証どおり受講者100%がヒザスリに成功しました!

 


だいぶ心理的な抵抗がなくなり、ヒザスリの感覚を体で覚えた後は、コースに戻り自分のバイクでのヒザスリです。

残り時間も1時間を切る中、ちらほらひざを擦れる人が増えていきます。

講師の先生方もコースに立って、一人ひとりの走り方を見て、アドバイスをします。

最終的には約8割の受講生の方が自分のバイクでヒザスリに成功しました。

恐るべし佐川メソッド。

繰り返しますが、生徒さんの大半は初めての受講で、ビッグバイクでヒザスリができちゃったのです!

 

 

 

 

 



★スクールのフォトギャラリーはこちら

熱中症になるんじゃないかというぐらいの暑さで、水分補給をまめにしながらのレッスンでしたが、受講者の皆さんのヒザスリへの情熱は気温の暑さを上回るものでした。

今回ヒザスリができた人もできなかった人も繰り返しレッスンを受けることで確実にできるようになります。

佐川校長によると3回受講すればほぼ全員が自分のバイクでヒザスリができるようになるとのことです。

我流でやみくもに頑張るよりもきちっとレッスンを受けたほうが早道ですね。

ひざを擦るだけではなく、バイクの正しいコントロールを身につけることで安全な運転にもつながります。


次回のWebikeみんなのスクールは決定し次第お知らせします。

お楽しみに!

https://school.webike.net/

ヒザスリに挑戦したい人は、ケニー佐川校長の連載コラムをご覧ください。

https://school.webike.net/hizasuri/

Categories: 開催レポート
webikestaff

ライダーなら一度は何かパーツを買ったことがあるメーカー「デイトナ」のテストコースを利用して、Webikeみんなのスクール東海版を6月8日に開催しました。すでに梅雨入りしており天候が心配でしたが、当日は初夏を思わせる素晴らしい快晴!中部、関西のお客様を中心とした大勢の受講生が来場されました。

今回も早々に満員御礼となり、途中でお申し込みを締め切らせて頂きました。お申し込み頂いたお客様に改めて御礼を申し上げると共に、お申し込みできなかったお客様にお詫びを申し上げます。

テーマは毎回人気の「スポーツライディングを極める【ベーシック編】+東海道膝擦塾」。サーキット走行が初めてのライダーを中心に、スポーツライディングの基礎と、クローズドコースの走り方を中心としたカリキュラムを実施しました。

また、テストコースとは言え、公道とは違うクローズドコースでの走り方は、一歩間違えると重大な事故につながりかねないため、サーキットでのスポーツ走行の注意事項を念入りに説明します。今後サーキットでの走行会やスポーツライディングを楽しむためにも、今回の得た知識をぜひ生かしてもらえればと思います。

午前中は座学に続きライディングフォームのチェック、クラッチワークの練習など、地味ですがとても体力を消耗するトレーニングが続きます。

特にライディングフォームの説明は、ヒザスリの肝ともいえる部分なので、教えるケニー佐川校長はもちろん、レクチャーを聞く受講生も真剣です。


汗ばむ陽気の中午前中のレッスンを終え、ランチタイム。
ランチタイム中にも受講生から質問が続きます。とにかくみなさん、うまくなりたいと本当に熱心です!

昼休みを利用して、本日の特別講師でもあるD.I.Dチェーンの大石先生から、スポーツライディングの重大な要素の一つであるチェーンについてのミニ講義が。MotoGPを走るロレンソが実際に利用したチェーンの切れ端などを使いながら、チェーンがスポーツライディングにどう影響するかをレクチャーしていただきました。

続いて、今夏発売開始するイタリアンヘルメット「NOLAN(ノーラン)」「X-Lite」をデイトナ様が展示、説明。ケーシー・ストーナー、ロレンソらトップライダーのレプリカモデルには受講生のみなさんも関心が高く、試着したり、内装や各部の機構をチェックしていました。
※「NOLAN(ノーラン)」ヘルメットは今まで並行輸入でしか手に入りませんでしたが、デイトナ取扱の製品は日本のSG規格に合致する仕様での販売となります。
http://www.nolan.jp/

午後はミニバイクでのヒザスリ体験グループと自分のバイクでのコース走行グループに分かれてレッスン再開!最初はぎこちなく走りはじめる方も多かったですが、ミニバイクで一度ヒザスリに成功し、ライディングフォームのコツを掴むと、自分のバイクでも見事なフォームで気持ちよさそうにライディングする方が大勢いらっしゃいました。

6月は陽も長く、17時いっぱいまでみっちりと練習走行を行ってスクールも終了。



★スクールのフォトギャラリーはこちら

途中16時を過ぎると疲労で休憩をとる受講生もちらほら。そこで、D.I.D大石先生による、DIYチェーン交換講座を特別開催しました!

Webikeの人気商品でもあるチェーン交換工具「かし丸君」を使っての実演に注目が集まり、動画撮影して記録しておく受講生も。「すでに利用したことがあるけれど、これで良いのか自信がない」「チェーン交換にトライしてみたい、と思っていた」という受講生からは大好評でした。

【DID ダイドー :かし丸君 #50系セット】
https://www.webike.net/sd/19999769/

Webikeみんなのスクール東海版、次回は今年も11月に開催を予定しています。

スポーツライディングに挑戦してみたい!という方や、基本を一度マスターしたい、という方はぜひ次回開催時にご参加ください。
スタッフ一同心よりお待ちしています!

Categories: 開催レポート
webikestaff

GW期間、関東地方は好天に恵まれた今年のGW。Webikeみんなのスクールでは、GWスペシャル企画として合計4日間スクールを開催し、前半と後半で、それぞれスポーツ、ベーシックとセットの受講内容での開催となりました。

GW後半初日はツアーセッション。このツアーセッションは、いつものワインディングロードを中心としたレッスンとは違い、公道走行での注意から、マスツーリング時の走り方など、とにかく「安全」をより重視した内容。また受講生に地図を渡して、実際にその場所までたどり着いてもらったりと、より初心者の方がこの先オートバイを楽しめることがテーマのスクールでした。

また今回のGWスペシャル企画では、SHOEI様と岡田商事様のご協力により、新型ヘルメット「GT-Air」と「FIVE」グローブを受講生の方に実際に体験利用して頂きました。購入前に実際に利用して試せるとあって、受講生の皆さんは気になる商品をしっかりと確認し、使い勝手を試していました。

次回のWebikeみんなのスクールは、毎回大人気のデイトナテストコースを利用しての開催となります。東海、中部地区の方はぜひお越しください!

Categories: 開催レポート
webikestaff

GW期間、関東地方は好天に恵まれた今年のGW。Webikeみんなのスクールでは、GWスペシャル企画として合計4日間スクールを開催し、前半と後半で、それぞれスポーツ、ベーシックとセットの受講内容での開催となりました。

スペシャル企画最終日は、再びクローズドコースでのレッスン。ブレーキング、急制動、危険回避、Uターンなど、自分のバイクをしっかりと操る感覚を味わってもらえるように、工夫されたカリキュラムを行いました。
GWスペシャル企画後半は特に初心者やリターンライダーの方向けのテーマでしたが、最後は皆来た時とは見違えるようにスムーズな走りに!ぜひ今後も安全で楽しいオートバイライフをお過ごしください。

また今回のGWスペシャル企画では、SHOEI様と岡田商事様のご協力により、新型ヘルメット「GT-Air」と「FIVE」グローブを受講生の方に実際に体験利用して頂きました。購入前に実際に利用して試せるとあって、受講生の皆さんは気になる商品をしっかりと確認し、使い勝手を試していました。

次回のWebikeみんなのスクールは、毎回大人気のデイトナテストコースを利用しての開催となります。東海、中部地区の方はぜひお越しください!

Categories: 開催レポート
webikestaff

GW期間、関東地方は好天に恵まれた今年のGW。Webikeみんなのスクールでは、GWスペシャル企画として合計4日間スクールを開催し、前半と後半で、それぞれスポーツ、ベーシックとセットの受講内容での開催となりました。

GW前半「ヒザ擦り&スポーツライディング」2日目は会場をトミンサーキットに移し、サーキット予備校と銘打ちサーキット走行が始めたの方向けのレッスンを行いました。前日に続けて2日連続受講した方は、さすがに最初からフォームが決まり、気持ちよさそうに走行を重ねていきます。今回はサーキットを貸切での開催でしたので、実際にコースを歩いて、ライン取りやブレーキングポイントなどを丁寧にレクチャー。また、サーキット走行でのルールや危険についてしっかりと説明し、この先サーキット走行会などに参加しても必ず約に立つ内容を受講生にお伝えすることができました。

また今回のGWスペシャル企画では、SHOEI様と岡田商事様のご協力により、新型ヘルメット「GT-Air」と「FIVE」グローブを受講生の方に実際に体験利用して頂きました。購入前に実際に利用して試せるとあって、受講生の皆さんは気になる商品をしっかりと確認し、使い勝手を試していました。

次回のWebikeみんなのスクールは、毎回大人気のデイトナテストコースを利用しての開催となります。東海、中部地区の方はぜひお越しください!

Categories: 開催レポート
webikestaff

GW期間、関東地方は好天に恵まれた今年のGW。Webikeみんなのスクールでは、GWスペシャル企画として合計4日間スクールを開催し、前半と後半で、それぞれスポーツ、ベーシックとセットの受講内容での開催となりました。

GW前半は膝擦りレッスンとサーキット入門がテーマ。
初日はミニバイクを利用しながら、みんなのあこがれ「膝擦り」をマスターするための徹底レッスン。川崎大師で交通安全祈願を済ませた後、フォーム作りから始まり、実際に自分のバイクでのレッスンへ。最初はおっかなびっくり走っていた方も、レッスン終盤でびっくりするくらい見事なフォームになっていました。

また今回のGWスペシャル企画では、SHOEI様と岡田商事様のご協力により、新型ヘルメット「GT-Air」と「FIVE」グローブを受講生の方に実際に体験利用して頂きました。購入前に実際に利用して試せるとあって、受講生の皆さんは気になる商品をしっかりと確認し、使い勝手を試していました。

次回のWebikeみんなのスクールは、毎回大人気のデイトナテストコースを利用しての開催となります。東海、中部地区の方はぜひお越しください!

Categories: 開催レポート
webikestaff

2013年最初のWebikeみんなのスクールは、
筑波サーキットコース1000を利用し「パーフェクトサーキットメソッド」をテーマに開催しました。

当日は素晴らしい快晴に恵まれ、日中は3月とは思えない陽気。
いよいよ本格的なバイクシーズンの開幕ですね!

今回のテーマは、サーキット走行初心者の方を対象に、スポーツライディングの基本を学んで頂くことを目的としています。いわゆるサーキット走行会とは違い、レクチャーと実走行を繰り返しながら、スポーツライディングのためのフォームやブレーキング、ライン取りなどのトレーニングを中心に行いました。


走行会ではなく、あくまでもスクールですので最初はしっかりと講義から。

サーキットを安全に走行するための基本的なルール、フラッグの意味、ピットイン、アウトの注意事項・・・など
今後もサーキット走行をする際に必ず役に立つ内容を、ホワイトボードを使いながらしっかりと学んでいただきます。 


講義の後は自分のバイクに跨ってフォームチェック。
腰のずらし方、下半身の使い方について、正しいフォームを丁寧にレクチャーします。

また、加速、準備、ブレーキ、シフトダウン、ステップインへとつながる一連の動きをスムーズに行えるように、
マシン上で何度もトレーニング。

お昼の休憩を挟み、コースの一部を利用してミニバイクを使ったヒザ擦り体験。
スピードもでない、タイヤグリップも低いミニバイクでヒザをするためには、しっかりとフォームを作る必要があります。転倒する時もありますが、ミニバイクなら怪我をする心配もなく安心ですね!

いよいよコースイン。

まずはしっかりとライン取りを覚えることからスタートし、じょじょにペースあげながら走行を重ねます。

合間合間には、都度佐川先生、インストラクターからレクチャーを行い、希望者にはマンツーマンで走行チェックを行ってアドバイス。
1日の終わりには、皆さん見違えるぐらいきれいなに走行を重ねていきます。

サーキットならではの、ストレートでのフル加速など、普段は体験できない世界を味わえるのも、サーキット走行ならではの楽しみですよね。

最後は用意されたプレゼントをめぐってじゃんけん大会。

素晴らしい天気にも恵まれ、最高の1日となりました!

サーキット走行は怖くて・・・・・とか自分には関係ない、と思っていらっしゃる方も、ぜひ一度Webikeみんなのスクールに参加し、スポーツライディングの醍醐味を味わってください。
きっとバイクライフがもっと楽しくなりますよ!4,5月とWebikeみんなのスクールはサーキット以外のテーマでも開催します。

まずは4月14日(日)ツーリングセッションを箱根で開催する予定です。たくさんのご参加おまちしております!

>>当日のフォトギャラリーはこちらも合わせてご覧ください


 

Categories: 開催レポート
webikestaff

株式会社デイトナ様のテストコースをお借りして開催する「Webikeみんなのスクール東海版」。すばらしい秋晴れに恵まれた11月10日、大阪、 愛知、静岡のお客様を中心とした大勢の受講生に来場していただき、開催いたしました。

また、6月に引き続いて今回も満員御礼となり、途中でお申し込みを締め切らせて頂きました。お申し込み頂いたお客様に改めて御礼を申し上げると共に、お申し込みできなかったお客様にお詫びを申し上げます。

今回のテーマは「スポーツライディングを極める【ベーシック編】+東海道膝擦塾」。まずはケニー佐川校長から、スポーツライディングの基本について講義が始まります。

座学の前に、今回初めてクローズドコースを走る受講生も多いため、サーキットでのスポーツ走行の注意事項をお伝えしました。今日1日だけではな く、今後も安全で楽しいオートバイライフを送っていただくためにも、とても大切な内容です。

ホワイトボードを利用して、ケニー佐川校長が講義した主な内容は、ライン取りと、コーナリングに向けての5段階アプローチについて。

特に、5段階アプローチの説明の際は、複数の受講生から質問が続きます。

午前中はライディングフォームのチェックと普段はなかなか意識することのないクラッチワークを意識したレッスンを行い、ランチタイムです。

お昼休み中に、株式会社デイトナの松岡氏より、ヘンリービギンズのツーリングバッグ、タンデムユーザーを中心に人気の「クールロボイージートーク 2」の説明をしていただきました。機能がシンプルな分、価格も抑えられ、単4電池のみで使用できるなど使い勝手にも優れています。

また、後ほどのレッスンでは、ケニー佐川校長と受講生で実際に「クールロボイージートーク2」を利用してのレッスンも実施。肝心の通話機能も体験していただきました。

▼DAYTONA デイトナ :クールロボ イージートーク2

 

続いて、本日の特別講師でもあるD.I.Dチェーンの大石氏より、チェーンの伸びとメンテナンス時期についての講義をしていただきます。0.1mm の磨耗が100リンクあれば、1cmの伸びとなる……など、思わず聞き入ってしまう内容の講義に、受講生の皆さんも真剣に聞き入っていました。

▼DID (ダイドー) チェーン

 

午後はミニバイクによるヒザ擦りレッスンとテストコースを利用してのスポーツライディングレッスンに分かれ、夕方の時間いっぱいまでたっぷり走行練習!
秋の夕方はあっという間に日が暮れていきますが、薄暗くなった中でも、受講生の方が時間いっぱいまで課題走行に取り組んでいました。

終盤のフリー走行では、皆さん朝とは別人ような見事なライディングフォーム!5段階アプローチをしっかりと意識した走りで、スムーズにスポーツラ イディングを楽しんでいらっしゃいました。

今回のスクールで受講した内容を生かして、もっと安全で楽しくサーキットなどでのスポーツライディングを楽しんでいただきたいと思います。

今回も最後は皆さんの満面の笑顔で1日を終了することができました!
Webike みんなのスクール東海版、また開催を予定しております。スタッフ一同、皆さまとお会いできるのを心より楽しみにしております。ぜひお気軽にお申し込みください!

◆スクールレポート写真はこちらからもご覧ください

Categories: 開催レポート
webikestaff

関東では絶好のツーリング日和だった10月20日、Webikeみんなのスクール「ツアーセッション」を開催
いたしました。

朝は少し肌寒さを感じますが、暑くもなく、寒くもないこの時期はツーリングに最適。
箱根、伊豆のワインディングはツーリングを楽しむライダーが大勢いらっしゃいました。

集合場所のTOYOTIRESターンパイクビューラウンジでは、トヨタのスポーツカー「86」にちなんだ
「86 PIT HOUSE」 が先日オープンしたばかり。
駐車場には数多くの86が並んでいました。

今回のテーマは「曲がるためのブレーキングを極めよう!」

教習所で教わるブレーキングは、基本的に「止まるため」のブレーキングです。
ワインディングを安全に、楽しく走るためには減速を目的とした「曲がるため」のブレーキングが必要となってきます。

今回のスクールは、ワインディングを実際に走りながら「曲がるため」のブレーキを1日かけて実践することがテーマです。

講習のスタイルはいつも通り、一定区間を課題を意識しながら走り、また止まってミニ講義、また次の課題を意識しながら走行、の繰り返し。

リヤブレーキのみ、フロントブレーキのみ、前後ブレーキ、あるいはブレーキをリリースしてから倒し込み、ブレーキをひきずりながら倒し込み・・・・・・など様々なブレーキングを実践していきます。

ケニー佐川校長は受講生の走りをチェックしながら、気がついたところを随時受講生に指摘していきます。


最初はワインディンになると怖々走っていた受講生も、「曲がるため」のブレーキングが身についていくに従って、どんどん走りに余裕が生まれてくるのがわかります。

「コーナーの進入でドキドキしなくなりました!」「接地感が増えて、安心して曲がれるようになりました!」など、ワインディングのコーナーを余裕をもって、楽しく曲がれるようになったようです。結果、オートバイを安全に楽しんで頂けるようになれば、言うことないですね!

次回はいつも大人気のデイトナテストコースを利用したスクールです。
皆様の参加をお待ちしております!

 

Categories: 開催レポート
webikestaff

Webikeみんなのスクールの人気セッション「膝スリ特別講座」。

梅雨明け後の猛暑が予想される日程でしたが、今回も多くの受講生にご参加いただきました。
当日は35度を越える猛暑日を覚悟していたのですが、数日前とはうって変わって、肌寒さを覚えるほどのどんよりとした天気。

今回の講義も、DVD「ケニー佐川のTHE METHOD VOL.1 いまこそヒザ擦りを楽しむ!」で講習前に予習して頂くことをお願いしてありますので、早速実技がスタートします。


バイクでの走行前に、入念なストレッチと、フォームチェック。
特に、膝スリは下半身と体側をリラックスさせることがポイント。ツナギやライディングウェアを着ていると、ストレッチだけでも苦しいのですが、真剣にストレッチを行います。もちろん、万が一の転倒にもからだをほぐしておくのはケガ防止にもつながります。


まずは自分のバイクに乗って、DVDのテーマどおりにウォームアップをかねて、ステップワークを意識した走行を開始。

その後、ミニバイクでの膝スリ体験と、自分のバイクでライディングフォームを作りながらのアプローチを練習する2班に分かれて講義を行いました。

エイプを利用した膝スリ体験クラスでは、バンク角に頼って膝を摺ろうとする受講生が次々に転倒(笑)。ミニバイクでの転倒なので怪我もなく、むしろ転倒によって受講生のテンションが上がります。

 

 

佐川校長が受講生に口をすっぱくして何度も伝えるのが、フォームの大切さ。腰のずらし方、ステップの足の置き方、顔の向け方などを丁寧に1人ずつ指導していきます。


 
一度でも膝を摺ってしまうと、ライディングフォームがみるみる変化していくのがわかります。その後自分のバイクに乗り換えてチャレンジすると、あっという間にコツをつかんでライディングフォームが決まり、結果としていつの間にか膝を摺りながら、安定したフォームでライディングをされていました。
 

 
当日は途中から雨がふったりやんだりの、不安定な天気。路面もウェット状態でしたが、むしろ膝すりと安定したライディングフォーム習得には好都合なコンディション!。ミニバイクでの膝すりレッスンも転倒OKで積極的に走っていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

今回も、受講生全員が膝すり達成!

スライダーの削れた後を嬉しそうに眺めていらっしゃいました(その気持ちわかります!)。

 

現在次の開催日程を調整中です。ぜひ次回は皆さんもWebikeみんなのスクールにご参加ください!

スタッフ一同、心よりお待ちしております!

Categories: 開催レポート